植物油が体に良い理由とは?種類と特徴、注意点も解説

近年、体に良い油が話題となっており、スーパーでも数多くの食用油を見かけるようになりました。その中でも注目されているのが「植物油」です。植物油とひと口にいってもさまざまな種類があります。

今回は、植物油が体に良い理由や、植物油の種類と特徴、選ぶ際の注意点もあわせて解説します!

目次

植物油はなぜ体に良いの?

植物油はなぜ体に良いのでしょうか。その理由は、不飽和脂肪酸が多いからです。まず、油の主成分となる脂肪酸は、大きくわけて2種類あります。ひとつは「飽和脂肪酸」、もうひとつが「不飽和脂肪酸」です。

飽和脂肪酸は、肉やバター、ラードなどに含まれる脂肪酸で、体の重要なエネルギー源を担っていますが、摂り過ぎると悪玉コレステロールが増え、動脈硬化や心臓疾患、糖尿病や肥満などのリスクが高まるデメリットがあります

一方、不飽和脂肪酸は植物油や魚に含まれる脂肪酸で、コレステロールを低下させ、生活習慣病を予防するなどの効果があるといわれています。

また、不飽和脂肪酸は「一価不飽和脂肪酸」のオメガ9系と「多価不飽和脂肪酸」のオメガ6系・オメガ3系に分けられ、それぞれに異なる働きや特徴があります。

その中でもオメガ3系は、血液中の中性脂肪を減少させ、血液をサラサラにする作用があるといわれています。血栓を防ぐため、不整脈や動脈硬化の予防などの健康効果も期待できるのです。

あわせて読みたい: むくみの原因は何?対処法と予防法もチェックしよう!

植物油の種類と特徴

では、体に良いとされる植物油には、どんな種類や特徴があるのでしょうか。

<オメガ3系脂肪酸が多く含まれる植物油>

オメガ3系が多く含まれる植物油には、体内で作ることのできない必須脂肪酸のα-リノレン酸が豊富に含まれています。血中の中性脂肪を下げ、脳細胞の活動に必要なDHA(ドコサヘキサエン酸)を作るのにも役立ちます。

・アマニ油
アマ二油は、亜麻科植物の種子から抽出される植物油です。独特の苦みを感じる人もいますが、匂いはほぼありません。そのため、サラダにかけたり、納豆に混ぜたりと生で摂取するのに適しています。

・えごま油
えごま油は、シソ科の植物から抽出される植物油です。アマ二油同様、匂いはあまりなく、料理をまろやかにしてくれる特徴があるため、炒め物の仕上げやパスタにかけるのもおすすめです。

<オメガ6系脂肪酸が多く含まれる植物油>

オメガ6系が多く含まれる植物油には、必須脂肪酸のリノール酸が含まれています。リノール酸は、動脈硬化や血栓を防いだり、悪玉コレステロールを減らしたりする作用があります。

・グレープシードオイル
ここ数年で注目されるようになったグレープシードオイルは、ぶどうの種から抽出される植物油です。ビタミンEやポリフェノールが豊富に含まれているのが特徴。

ビタミンEの抗酸化作用によって、脂質の酸化を防ぎ、細胞膜を健全に保つなどの働きがあるといわれています。味や香りはほぼないため、ドレッシングやマリネに使うのがおすすめです。

<オメガ9系脂肪酸が多く含まれる植物油>

オメガ9系が多く含まれる植物油には、オレイン酸が含まれています。オレイン酸は、体内で作り出すことのできる脂肪酸で、コレステロール値の上昇を防ぐ他、酸化しにくい特徴があります。

・オリーブオイル
スーパーでも手軽に手に入るオリーブオイルは、その名の通り、オリーブの果実から抽出される植物油です。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、コレステロール値の上昇を抑えるだけでなく、活性酸素の生成を抑え、肌の乾燥防止やシミ、シワ防止にも効果的といわれています。

オリーブオイルは、抗酸化作用のあるビタミンE、ポリフェノール、クロロフィルなども多く含んでいます。

オリーブを絞ってろ過したものを「エクストラバージンオリーブオイル」といい、精製したものを「ピュアオリーブオイル」または「オリーブオイル」と呼びます。

エクストラバージンオリーブオイルの方が、香りや苦みが強い特徴があるため、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。両方、生でも加熱でも使用できますが、加熱によって風味や栄養が損なわれる可能性もあるので、サラダやパスタにかけるのがおすすめです。

あわせて読みたい: ナッツは健康に良い?それとも太る?栄養素や効果的な食べ方は

植物油を選ぶ際の注意点

最後に植物油を選ぶ際の注意点をお伝えします。

<酸化しにくい容器のものを選ぶ>

植物油は、空気や光で酸化しやすい性質があります。酸化すると、風味や栄養が落ちてしまうため、できるだけ酸化しにくい容器を選ぶようにしましょう。

おすすめは、遮光加工されたビンの容器です。プラスチック容器に比べて温度が伝わりにくく、光の影響も受けにくいため、酸化が進むのを防ぐことができるでしょう。

<有機JASマークがついているものを選ぶ>

有機JASマークとは、農薬や化学物質を使用していない他、遺伝子組み換えをしていない食品につけられるマークです。国が認定した、安全性の高い商品である証でもあります。

体に良いものを取り入れたい人や、健康を意識するのであれば、有機JASマークがついたものを選びましょう。

あわせて読みたい: アーユルヴェーダとは?自分の体質を知って自己治癒力を高めよう!

選び方に注意して、健康に良い植物油を取り入れよう!

植物油は不飽和脂肪酸が多く含まれているため、コレステロールを低下させたり、動脈硬化を防いで生活習慣病を予防したりと、体に良い効果が期待できることがわかりました。

オメガ3系、オメガ6系、オメガ9系とありますが、それぞれ特徴や体への作用が違うため、気になった植物油を一度試してみると良いでしょう。

ただし、体に良いからといって過剰摂取は禁物です。選び方にも注意し、健康に良い植物油を適切に取り入れてみてくださいね。

Healthy Life - 食と健康に関する記事一覧

BLOG一覧に戻る