ヤンキー座り”で腰痛改善!効果の理由とストレッチ方法

ヤンキー座りとは、足をやや開いてしゃがんだ姿勢のこと。大人になってからヤンキー座りをする機会は、めったにないことでしょう。

しかし、このヤンキー座りが今、腰痛改善に効果が期待できるとして注目を集めています。しゃがむだけで良いため、一般的なストレッチを面倒に感じている人にもおすすめです。

そこで今回は、ヤンキー座りが腰痛に効く理由や、ストレッチ方法を紹介します!

目次

ヤンキー座りはなぜ腰痛に効くの?

ヤンキー座りはなぜ腰痛に効くのでしょうか。その理由には、腰痛のメカニズムが関係しています。

腰痛の種類には、椎間板ヘルニアやギックリ腰などさまざまありますが、腰痛になる人の約8割は「非特異的腰痛症」といわれています。これは、特に骨の異常や神経症状が無い、腰の筋肉のコリを原因としている腰痛です。

例えば、デスクワークなどで長時間同じ姿勢で座っていたことで起こる腰痛も、これにあたります。

長時間座っていると、骨盤周りの筋肉が固まり、血管が収縮して血流が悪くなります。血流が悪くなることで腰痛が引き起こされるため、痛みをとるには固まった筋肉をほぐし、柔軟性をもたせ、血流を良くすることが大切なのです。

そこで注目されたのがヤンキー座りです。「ヤンキー座り=しゃがむ姿勢」は、骨盤周りの筋肉をほぐし、腰の筋肉の血流を促すため、腰痛に効果的なポーズといわれています。

あわせて読みたい: 腹式呼吸でどこでもリラックス!健康やダイエットに嬉しい効果も

ヤンキー座りストレッチをやってみよう!

ヤンキー座りストレッチは基本的にしゃがむだけなので、運動や一般的なストレッチが苦手な人にもおすすめです。毎日簡単に続けられるため、腰痛改善効果も期待できますよ。

ここでは「ヤンキー座りストレッチ」のやり方を紹介します!

<ヤンキー座りストレッチのやり方>

1、足を肩幅ほどに開き、ひざと股関節を曲げ、お尻を落とすようにしてしゃがみます。

2、少し前かがみになり、腰が伸びているのを感じます。

3、ウエストのくびれの位置にあたる背骨から、お尻の割れ目までを両手のゲンコツを使って、圧迫しながら上から下に20回こすります。

ヤンキー座りの姿勢になるだけでも筋肉が柔らかくなりますが、ゲンコツでこすることで、さらに血流を促す効果がアップするといわれています。

かかとが浮いてしまったり、体がグラついてしまう人は、骨盤周りの筋肉が硬くなっているサインです。両手を軽くついても良いので、少しずつ行っていきましょう。

<1日3回がおすすめ!お風呂上がりにも効果大>

ヤンキー座りストレッチは1日3回以上行うのが効果的です。例えば、朝起きた後、長時間のデスクワークの後、お風呂上がりなどがおすすめ。

特にお風呂上がりは、体が温まっているため、筋肉がほぐれやすく、血流も良くなっています。また、筋肉の緊張をやわらげることで、入眠しやすくなるといわれています。腰痛でなかなか寝つけないという人は、一度試してみることをおすすめします。

あわせて読みたい: 柔軟性はなぜ必要?簡単ストレッチでしなやかな体を作ろう!

ヤンキー座りストレッチをマスターして腰痛改善しよう!

長時間のデスクワークや、同じ姿勢を続けることで、筋肉は凝り固まり、血流が悪くなります。血行不良によって腰痛は引き起こされるため、腰に痛みを感じる人ほど、骨盤周りの筋肉をほぐし、血流を促すことがポイントです。

「腰痛だから安静にする」というのも、腰痛の種類によっては必要かもしれませんが、筋肉のコリによって腰痛が起きている場合には、筋肉を動かすことが重要です。

また、しゃがむことが少なくなっている現代において、ヤンキー座りは足腰を鍛えるためにも有効なストレッチ方法です。ポーズをとるのがやや恥ずかしいという人も、自宅でなら気にせず取り組めるでしょう。

ぜひ、腰痛改善や足腰の筋肉を鍛えるためにも、1日3回、ヤンキー座りストレッチを行ってみてはいかがでしょうか。

Lifestyle Change withトレーナー・ヒロミ(シーズン1 第1回)

Exercise Life - 食と運動に関する記事一覧

BLOG一覧に戻る