• Green Growers
  • BLOG
  • 環境を題材にしたぬりえに注目!遊ぶことのメリットとは

BLOG -Sustainable Life

環境を題材にしたぬりえに注目!遊ぶことのメリットとは

Friday, 05 May 2023

ぬりえは小さな子どもから大人まで幅広い世代が楽しめる遊びですが、最近では環境を題材にしたぬりえがあるのをご存知ですか?遊びながら環境意識を高められるとして、注目されています。

また、行政や企業のホームページなどから無料でダウンロードでき、手軽に手に入るのも人気の理由です。

そこで今回は、環境を題材にしたぬりえで遊ぶことのメリットに加え、ぬりえ遊びで育まれることについて解説します!

環境を題材にしたぬりえとは?

環境を題材にしたぬりえとは、地球が抱えている環境問題をかわいいイラストとわかりやすい言葉で表現したものです。例えば以下のようなデザインがあります。


※羽島市役所のHPより

上記のぬりえはごみの分別促進を目的にしたデザインですが、他にも野菜のキャラクターたちが涙を流しながらお皿に残った食材を見つめている「のこさずたべよう」といったデザインなどがあります。

また川に捨てられそうになっている空き缶を怒った顔をしたナマズが見つめているデザインの「ポイ捨てやめて」などのぬりえもあります。

実際に起きている環境問題をわかりやすく表現しているため、子どもを含め、誰にでも伝わりやすいのが良いところです。

今はぬりえが無料で楽しめる時代でもあり、インターネットで「環境 ぬりえ」で検索すると無料ダウンロードできるものが豊富に出てきます。

プリントアウトさえすれば何枚でも楽しめるのも、うれしいポイントです。特に行政のホームページなどではぬりえコンテストなどの取り組みも行っていることが多いため、気になる方はチェックしてみるのも良いでしょう。

※環境を題材にしたぬりえが無料ダウンロードできる羽島市のHPはこちら)

環境を題材にしたぬりえで遊ぶことのメリット

環境を題材にしたぬりえは、遊びながら楽しく環境意識を高められることがメリットです。また幼児期のお子さんにも受け入れられやすい、かわいいイラストで描かれているため、字が読めなくてもイラストのイメージで環境問題を感じ取れるでしょう。

幼児期から環境意識を育めるため、親子で環境問題への取り組みについて話し合うきっかけにつながることもメリットです。

他にもぬりえ遊びで育まれることはたくさん!

環境意識が高まるほか、ぬりえ遊びには他にも育まれることがたくさんあります。ここからはぬりえ遊びでどんな部分が育まれていくのか、詳しく見ていきましょう。

色彩感覚が養われる


ぬりえ遊びはさまざまな色に触れるため、色彩感覚を養うことにつながります。実際に色を塗ってみることで、「この色は黄色、この色は緑」というように色を識別できるようになっていきます。

また、2つの色を混ぜると違った色になるなど、発見にもつながるでしょう。小さいお子さんは色彩感覚が養われることで、信号の色がわかるようになるなど、生活に役立つ知識が育まれます。

手先が器用になる


ぬりえ遊びは色鉛筆やクレヨンなどを握って細かい部分を塗っていくため、手先が器用になります。

力の加減などでも仕上がりが違うため、ぬりえ遊びをしていく中で握り方や力の入れ具合を学んでいけるでしょう。

集中力が身につく


色を塗っていく作業は根気がいり、集中しないとできないため、ぬりえ遊びをしていく中で集中力が身につきます。はみ出さないように色を塗るためには集中力が必要になり、子どもも夢中で取り組むことでしょう。

また、時間制限を設けると、時間内に終わらせたいという思いからより集中力が高まるのでおすすめです。

想像力が広がる


ぬりえは真っ白な状態からスタートするため、「この色を塗ったらどんな風になるんだろう」と想像力が広がります。大人は「リンゴだから赤」というように固定観念で色を決めがちですが、幼い子どもは自分の想像を広げながら塗っていく特徴があります。

大人も固定観念に縛られず、自由に色を塗っていくとさらに想像力が育まれていくかもしれません。

達成感を得られる


ひとつの作品を仕上げるというのは根気がいるため、できあがった時は嬉しいものです。ぬりえを最後まで塗り終えた時の達成感は子どもも大人も同じでしょう。

時間内に仕上げるという目標を決めて取り組むことで、より大きな達成感を得られます。

大人も子どもも一緒に環境を題材にしたぬりえに取り組んでみよう

環境を題材にしたぬりえは、遊びながら楽しく環境意識を高められます。無料でダウンロードできるため、コストがかからないのもうれしいポイントです。

ぬりえ遊びは色彩感覚や集中力、想像力が育まれるなど多くのメリットがあります。雨の日の室内遊びや休日にはぜひ親子で、環境を題材にしたぬりえに取り組んでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい: 環境問題を学べるゲームにはどんなものがある?学ぶメリットも解説

Share

  • Facebook
  • Twitter
  • whatsapp
  • URLをコピー

BLOGのおすすめ記事

CLOSE

greengrowers

URLをコピーしました