環境に優しい食べ物を証明する「有機JASマーク」とは?

環境に優しい食べ物を証明する「有機JASマーク」とは?

環境に優しい食べ物を選ぶ時、あなたはどのような基準で選んでいますか?

環境に配慮して生産された食べ物である証明となるのが「有機JASマーク」です。今回は有機JASマークが作られた背景や、有機食品とはどんなものを指すのか解説します!

目次

有機JASマークとは?

JAS Mark

※画像出典:農林水産省

有機JASマークとは、有機食品の検査認証制度に基づき、厳しい審査をクリアした食品のみに表示されるマークです。

農薬や化学肥料を使用しないのはもちろんのこと、環境に配慮して作られた食品の証でもあります。

有機JASマークは、太陽と雲が植物を育むイメージのデザインが特徴です。有機JASマークがない商品は、「有機」や「オーガニック」などと表示することは禁止されています。そのため、有機食品やオーガニック食品を見分ける際に、「有機JASマーク」がある商品は非常に信頼度が高いといえるでしょう。

あわせて読みたい: 植物由来のプラントベースフード!どんな食材を使ってる

有機JASマークができた背景

次に有機JASマークの制度が始まった背景を見てみましょう。

有機食品の認証検査は平成12年に開始され、それに基づき有機JASマークが表示されるようになりました。

それ以前の日本では、統一された有機食品の基準は無く、さまざまな生産方法で作られたものが「有機」として販売されていました。そのため、消費者は何を基準に選べば良いかわからず混乱していたのです。

このような状況を改善するため、平成11年に改正されたJAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)に従い、有機JASマークが定められました。

この制度では、農林水産大臣が定める登録認定機関が、有機農畜産物の農家や製造業者を認定します。認定を受けた農家や製造業者が、有機認証の基準を守って生産した食品にのみ、有機JASマークがつけられます。

あわせて読みたい: 遺伝子組み換え食品とは?プラントベースフードの安全性も解説

環境に優しい食べ物を証明する「有機JASマーク」とは?|有機JASマークができた背景

有機(オーガニック)食品ってどんなもの?

そもそも、有機(オーガニック)食品とはどんなものを指すのでしょうか。有機食品とは、できる限り環境負荷をかけずに生産された農産物や畜産物、またそれらを原料にした加工食品を指します。

できる限り環境負荷をかけずに生産するとは、例えば農産物なら農薬や化学肥料を使わず堆肥で育てることを指します。農産物収穫後の葉やわらは家畜の餌とし、その家畜の排泄物から堆肥を作ります。そしてその堆肥を入れた土でまた農産物を作る、というように、資源を循環させることで環境負荷を低く抑えているのです。

このような循環型農業で生産されたものを有機農産物・有機畜産物と言います。また加工食品の場合は、有機農畜産物を原料とすることに加えて、化学的に合成した添加物を使用していないものを指します。

土作りから加工に至るまで、あらゆる工程で環境に配慮して作られたのが有機食品なのです。

あわせて読みたい: プラントベースフードでたんぱく質を摂取するメリットとは?

環境に優しい食べ物を証明する「有機JASマーク」とは?|有機(オーガニック)食品ってどんなもの?

有機JASマークがつけられるのは全部で5種類

有機食品とひと口にいっても、有機JASマークがつけられるものは、大きく5種類に分けられます。以下で詳しく見ていきましょう。

環境に優しい食べ物を証明する「有機JASマーク」とは?|有機JASマークがつけられるのは全部で5種類

<有機農産物>

堆肥などで土作りをし、種まき・植え付けの前2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用していないことが基準になります。

環境負荷をできる限り減らす生産方法であることや、遺伝子組み換え技術を使用していないことも条件です。また、水耕栽培やロックウール(岩石を高温で溶かし、繊維状に加工したもの)栽培ではなく、土壌での栽培に限ります。

<有機畜産物>

環境負荷をできるだけ減らして作られた飼料を与えることが基準のひとつです。また、動物用医薬品を使用しないこと、さらに家畜の生き物としての行動や欲求に配慮した形で育てることも条件となります。

<有機加工食品>

有機加工食品については、まず水と食塩を除いた原材料のうち、95%以上が有機農産物・有機畜産物・有機加工物であることが条件になります。そして化学的な加工方法を使わず、物理的加工や微生物による発酵などだけで作ること、また化学的に合成された食品添加物や薬剤を使用しないことも基準です。

あわせて読みたい: 重要性が増すプラントベースフード|解決された課題を見てみよう

<有機飼料>

有機農産物と同じように作ることが原則となります。また、使用が認められた原料だけを配合するという決まりもあります。

<有機藻類>

有機藻類は2021年7月に制定された、新しい有機食品のカテゴリーです。養殖または天然ものを採取した藻類で、昆布やわかめなどの海藻類の他、植物プランクトンも含まれます。

化学的処理や遺伝子組み換えを行っていないこと、環境にできる限り影響を与えない方法で養殖、採取することなどが基準になります。

あわせて読みたい: プラントベースフードの乳製品とは?種類や原料を見てみよう

オーガニックな食べものを選ぶなら「有機JASマーク」を必ずチェック!

有機JASマークは、さまざまな点で環境に配慮して作られた食品であることの証明です。有機JASマークがついている食品は農薬や化学肥料を使用していないため、環境に優しいだけでなく、安全安心な食品であるともいえるでしょう。

今後は「有機JAS」マークをチェックして、食品を選んでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい: プラントベースフードの重要性と課題

環境に優しい食べ物を証明する「有機JASマーク」とは?|オーガニックな食べものを選ぶなら「有機JASマーク」を必ずチェック!

参考

https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html
https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/attach/pdf/yuuki-202.pdf
https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1311/spe1_01.html

Others - その他の記事一覧

BLOG一覧に戻る