プラントベースフードの乳製品とは?種類や原料を見てみよう

プラントベースフードの乳製品とは?種類や原料を見てみよう

プラントベースフードといえば代替肉がよく知られていますが、乳製品もあることをご存知ですか?植物由来のプラントベースミルクを始め、最近ではさまざまな代替乳製品が登場しています。

今回はプラントベースフードの乳製品とはどんなものか、種類や原料などを詳しく解説します!

目次

プラントベースフードの乳製品とは?

多くのプラントベースフードの乳製品には、動物由来の原料は一切使用されていません。(ただし、一部商品には動物性原料が含まれることがあるので、表示を確認することをおすすめします。)植物由来の原料で作られており、大豆やアーモンド、ココナッツなど、製品によって原料はさまざま。

牛乳など動物由来の原料を使っていないため、乳製品アレルギーの人や乳糖不耐症の人も安心して食べることができます。また、ベジタリアンやヴィーガンなど菜食主義を実践している人でも気兼ねなく食べられるのが、プラントベース乳製品の良いところです。

あわせて読みたい: 乳糖不耐症って?乳製品アレルギーとの違いや特徴を知ろう

プラントベースフードの乳製品とは?種類や原料を見てみよう|プラントベースフードの乳製品とは?

プラントベースの乳製品にはどんな種類がある?

プラントベースの乳製品といえば「植物性ミルク」と呼ばれるプラントベースミルクが有名ですが、他にもたくさんの製品があります。

プラントベースフードの乳製品とは?種類や原料を見てみよう|プラントベースの乳製品にはどんな種類がある?

<プラントベースミルク>

代替乳製品の中で最も有名なプラントベースミルクは、大豆を原料とする豆乳や、アーモンドを使ったアーモンドミルク、オーツ麦を使ったオーツミルクなどがあります。

他にもココナッツやお米を原料としたものなどがあり、プラントベースミルクだけでも10種類以上あるといわれています。

日本でも豆乳を始め、オーツミルクやアーモンドミルクなどがスーパーの乳製品コーナーで手軽に購入できるようになりました。

また、カフェなど飲食店のメニューでも、「ソイラテ」や「オーツラテ」などがメジャーになりつつあります。

プラントベースミルクは牛乳に比べて低脂肪、低カロリーでありながらビタミンや食物繊維などが摂れるものも多く、栄養価が高いのが特徴です。

<プラントベースヨーグルト>

プラントベースのヨーグルトにも、さまざまな原料のものがあります。例えば、オーツ麦やアーモンド、カシューナッツにココナッツなどプラントベースミルクでも原料として使われているものが多いです。

プラントベースヨーグルトは原料によって味の違いが楽しめることに加え、一般的なヨーグルトと同じように、フルーツソースなどが入ったタイプもあります。

イチゴやバナナ、ブルーベリーなど種類も豊富なので、お気に入りの原料とフルーツの組み合わせを見つけてみるのも良いでしょう。また、プロテイン入りや無糖タイプもあり、成分にも商品ごとに違いがあります。

<プラントベースチーズ>

プラントベースフードのチーズは、大豆やカシューナッツ、ココナッツなどの植物由来の原料が使われています。種類もチェダーチーズやモッツァレラチーズ、リコッタチーズに燻製されたスモークチーズなどバラエティ豊かです。

また、形のタイプもいろいろでスライスタイプやシュレッドタイプ、クリーミータイプなどがあります。

サンドイッチにはスライスタイプ、グラタンやピザにはシュレッドタイプを選ぶなど、用途によって使いわけができます。クリーミータイプならレアチーズケーキなどスイーツ作りに使うのもおすすめです。

<プラントベースアイスクリーム>

プラントベースフードのアイスクリームはココナッツやオーツ麦、大豆やカシューナッツ、ひまわりを原料としたものなど豊富な種類が魅力です。

フレーバーには定番のバナナやストロベリー、チョコ、抹茶からちょっと変わった甘酒味までさまざまな種類が楽しめます。

プラントベースアイスは動物由来の乳製品を使っていないだけでなく、白砂糖や人工甘味料なども不使用という商品もあります。通常のアイスクリームに比べて低カロリーでコレステロールゼロのため、ダイエットにも嬉しいアイスクリームといえるでしょう。

<プラントベースバター>

なんと、プラントベースフードのバターも登場しています。原料にはココナッツやアーモンド、カシューナッツなど複数の植物性の原料を組み合わせて配合しているのが特徴。バターよりはマーガリンの滑らかさに近く、色や風味も再現されています。

また、プラントベースバターにはトランス脂肪酸が含まれていないというメリットもあります。トランス脂肪酸とはバターやマーガリンに含まれる成分で、摂りすぎると心疾患のリスクを高めることが海外の研究で報告されています。バターやマーガリンからプラントベースバターに切り替える人は、今後増えていくかもしれません。

(参照:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091319.html)

プラントベースフードの乳製品は菜食の選択肢を広げてくれる!

プラントベースフードの乳製品を紹介しましたが、ミルクだけでなくチーズやヨーグルト、アイスクリームやバターなどさまざまな種類があります。

ヴィーガンやベジタリアンなどこれまで乳製品を避けて来た人でも安心して取り入れられるのがメリットです。

菜食の選択肢を広げてくれるプラントベースフードの乳製品、ぜひあなたもチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい: プラントベースフードの重要性と課題

プラントベースフードの乳製品とは?種類や原料を見てみよう|プラントベースフードの乳製品は菜食の選択肢を広げてくれる!

Others - その他の記事一覧

BLOG一覧に戻る