クリスマスをサステナブルに!心豊かに過ごすアイデア6選

年に一度のクリスマス、街はキラキラとしたイルミネーションやクリスマスツリーで彩られ、心踊る季節ですよね。しかし一方で、イベントの裏側では贈り物の過剰包装によるごみが大量に出ていたり、チキンやクリスマスケーキなど限定商品のフードロスが出ていたりと、環境に負荷をかけていることも事実です。

そういった問題を少しでも減らすために、今年のクリスマスはサステナブルを意識してみませんか。今回はクリスマスを心豊かに過ごすアイデアを紹介します!

目次

飾り付けはくり返し使えて環境にやさしいものを

毎年クリスマスの季節になると、たくさんのオーナメントや装飾品が売り場を埋め尽くしています。その中には一度きりしか使えないものもあるでしょう。

しかし、一度しか使えないものは、すぐにごみになってしまいます。ごみを増やさないためにも、飾り付けを選ぶ時のポイントはくり返し使えること、そして環境にやさしい素材(例えば、布や木、紙など)で作られたものを選ぶことです。

どんな素材や塗料を使っているのか、また来年も使えるかどうかに着目して選んでみましょう。

プレゼント選びはエシカルなお店で

クリスマスはプレゼント選びも楽しみのひとつですよね。恋人や夫婦、家族や友人などなど……大切な人に贈るからこそ慎重に選びたいもの。そこで、クリスマスプレゼントはエシカルなお店で選んでみませんか。

エシカルなお店とは、地球や人にやさしいものづくりにこだわっているお店のことです。生産の背景がわかる商品もあり、環境や社会に配慮して作られていることを実感できます。

衣類や食品、コスメや雑貨、おもちゃなどさまざまなジャンルでサステナブルな商品があります。贈る相手にもプレゼントを通してあなたのやさしさが伝わることでしょう。

エコな包装紙を使ってラッピングにこだわる

クリスマスのラッピングは、包装紙やリボンにキラキラのラメが入っていたり、過剰に包装されていたりすることがあります。中にはプラスチック素材など、リサイクルできないものもあるでしょう。

そこで、再生紙などのエコな包装紙を使って自分でラッピングをしてみませんか。再生紙はシンプルなもの以外にも、英字新聞風のデザインがされたものなどもあります。リボンの代わりに麻ひもで結ぶのもおしゃれですね。

また、大きめのバンダナや風呂敷などでプレゼントを包むのもおすすめ。風呂敷というと和柄のイメージがあるかもしれませんが、最近ではモダン柄や北欧デザインなどおしゃれな風呂敷が増えています。

受け取った後も捨てずに活用することができ、リユースにつながりますよ。

体験をプレゼントするのもおすすめ

ものにあふれている現代では、ものよりも体験や経験に魅力を感じるという人が増えているといいます。相手によってはものではなく、体験をプレゼントするのもおすすめです。

最近では体験を贈るカタログギフトも出ています。ホテルステイやリラクゼーション、ゴルフや乗馬体験、スキューバダイビングなど、さまざまな体験から選ぶことができます。

普段なかなか味わえないような貴重な経験ができるため、きっと喜ばれることでしょう。相手の興味に合わせて、コンサートや映画などのチケットを贈り、一緒に楽しむのも素敵ですね。

ものよりも心に残る体験をプレゼントすることを選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

クリスマスケーキやチキンは食べ切れる分だけ

クリスマスケーキに大きなローストチキン、豪華なオードブルなどなど…食品売り場にはおいしそうな食べ物がたくさん並んでいますよね。

ホームパーティーをする際についつい買い過ぎてしまい、「結局食べ切れず残ってしまった」なんてことがないよう、食べ切れる分だけを買うように心掛けましょう。食べ残しを防ぐことでフードロスの削減にもつながります。

パーティーの食材はなるべくオーガニックなものを選ぶ

ホームパーティーで手料理を振る舞う人もいることでしょう。クリスマスディナーにも体にやさしいオーガニックな食材を選ぶのがおすすめです。

オーガニック食品は化学肥料や農薬が使われていないため健康的で安心。また、オーガニック野菜なら土や作物自体の持つ自然の力を生かして作られているため、味が良いのもメリットです。

有機JASマークが入ったものはオーガニックである証です。自然の恵みで作られたおいしい食材を使ったクリスマスディナーは、心も体も喜ぶことでしょう。

サステナブルなクリスマスで心も体もハッピーに!

サステナブルなクリスマスといっても難しく考える必要はなく、ちょっとしたアイデア次第で環境や人にやさしい行動へとつながります。いつものクリスマスに加えて、今回紹介したアイデアを参考に、自分にできることを取り入れてみてください。

自然環境や人を思いやる気持ちが生まれ、心が豊かになることを実感できるでしょう。

Sustainable Life - サスティナブルに関する記事一覧

BLOG一覧に戻る