• Green Growers
  • BLOG
  • プラントベースうなぎが登場!家でも作れるって本当?

BLOG -Sustainable Life

プラントベースうなぎが登場!家でも作れるって本当?

Tuesday, 16 May 2023

プラントベースフードとは植物由来の原料のみで作られた食品のことで、近年日本でもさまざまなプラントベースフードが登場しています。

そんな中、動物性由来の原料を一切使用していない「プラントベースうなぎ」をご存知でしょうか?植物性由来の原料でうなぎを再現していますが、一体どんな原料を使用しているのか気になるところです。

そこで今回は、話題の「プラントベースうなぎ」について詳しく解説します!

日本でも拡大しつつあるプラントベースフード

プラントベースフードと聞くと、海外の食べものといったイメージが強いかもしれません。
しかし、ここ数年で日本でもプラントベース市場は拡大しており、さまざまな商品が発売されています。

最も身近なプラントベースフードといえば、大豆やエンドウ豆を原料としたプラントベースミートでしょう。スーパーの精肉売り場でもプラントベースミートのコーナーが設けられるなど、市場にも浸透しつつあります。

また、乳製品の代替品として、豆乳やアーモンドミルク、オーツミルクなどのプラントベースミルクも人気です。最近では、魚の代替品も開発が進められ、こんにゃくを原料にサーモンやマグロのお刺身を再現した、プラントベースフィッシュも注目が高まっています。

そんなプラントベースフィッシュのひとつとして新しく登場したのが「プラントベースうなぎ」です。

プラントベースうなぎの原料は何?

プラントベースうなぎの特徴は、生のうなぎではなくうなぎの蒲焼を再現していることです。とはいえ「植物由来の原料だけで、どうやって蒲焼を再現するの?」と疑問が浮かぶかもしれません。

プラントベースうなぎの主な原料は「大豆たんぱく(脱脂大豆、食用植物油脂)、豆腐、海藻」などとされています。

うなぎのフワフワとした身は豆腐で再現し、難しい皮目の部分は、海藻由来の成分を生かすことで、本物の見た目や食感に近づけています。真空パックで販売されているプラントベースうなぎは、本物のうなぎの蒲焼と間違えてしまいそうな再現度の高さです。

プラントベースうなぎは家でも作れる?

なんとプラントベースうなぎは家で作ることも可能です。「うなぎもどき」とも呼ばれ、木綿豆腐を主原料にし、つなぎにすりおろした山芋を使います。

ポイントは木綿豆腐をキッチンペーパーで包み、よく水切りすることです。水分が残っているとうまく成形できないため、必ずしっかりと水気を取ってから使いましょう。

潰した木綿豆腐に山芋を入れよく混ぜてから、蒲焼サイズに切った海苔の上で成形をします。竹串の側面で筋のような跡を付けていき、最後に小麦粉を全体に軽くはたいて、油で揚げていきます。

そして油で揚げた後に竹串を3本刺し、グリルなどで軽く焼き目をつけるといった工程です。つけだれは「醤油、みりん、砂糖、酒」を合わせて作ると良いでしょう。

食べる時に山椒を振りかけることで、より本物のうなぎの蒲焼に近づきます。興味がある方は、ぜひ家でもプラントベースうなぎ作りにチャレンジしてみてくださいね。

プラントベースうなぎはこんな人にもおすすめ!

プラントベースうなぎは、次のような人におすすめです。

・ヴィーガンの人
・魚が苦手な人
・植物性たんぱく質をとりたい人
・節約したい人

プラントベースうなぎは動物由来の原料を一切使用していないため、完全菜食主義を実践しているヴィーガンの人でも問題なく食べられます。

また、本物の魚ではないため、魚介類が苦手な人にもおすすめです。プラントベースうなぎは大豆や豆腐が主な原料であるため、魚の匂いが無く食べられるかもしれません。

さらに、植物性たんぱく質が豊富なため、たんぱく質を多くとりたい人にも適しています。加えて、本物のうなぎよりもコストが抑えられるため、節約したい人にもぴったりです。

たんぱく質がしっかりとれる!プラントベースうなぎを食べてみよう

うなぎは気候変動や違法漁業などの影響で、年々減少傾向にあるといわれています。二ホンウナギに関しては、絶滅危惧種IB類に指定されています。

プラントベースうなぎを食べる選択は、うなぎを守ることにもつながるでしょう。プラントベースうなぎは、植物性由来の原料のみを使用しているため、ヴィーガンや魚が苦手な人でも食べられるのがメリットです。

大豆や豆腐がたっぷり使われているため、植物性たんぱく質もしっかりとれます。また、プラントベースうなぎは手に入りやすい材料で簡単に作れるため、手作りにチャレンジしてみるのも良いでしょう。ぜひ一度、プラントベースうなぎを試してみてはいかがでしょうか。

(参照:ニホンウナギの生息地保全の考え方)

あわせて読みたい: プラントベースフィッシュとは?代替肉に続く注目食品?

Share

  • Facebook
  • Twitter
  • whatsapp
  • URLをコピー

BLOGのおすすめ記事

CLOSE

greengrowers

URLをコピーしました