植物由来のプラントベースフード!どんな食材を使ってる?

プラントベースフードといえば大豆ミートが主流ですが、最近ではレトルトカレーやパスタソースなど、さまざまな種類のプラントベースフードが商品化されています。

プラントベースフードは基本的に植物由来の食材で作られていますが、実は中には、一部動物性食品を使っているものもあるのです。

そこで今回はプラントベースフードの原料となる食材について解説します!

目次

プラントベースフードの食材に動物性食品が含まれている…?

そもそもプラントベースフードとは、植物由来の原料で作られた食品のことです。基本的に動物性食品を使用せずに、植物由来の原料で肉や魚、卵や乳製品などの味や見た目、食感を再現しているのが特徴です。

基本的には植物由来の原料としていますが、中には動物性食品を含むものがあります。例えば食品加工の過程で卵をつなぎとして使用したり、乳たんぱくを使用したりするケースです。

このような商品は植物性食品のみではないため、完全菜食主義のヴィーガンの人や、卵や乳製品を控えているベジタリアンの人は注意しなければなりません。

日本ではプラントベースフードはもともと「植物性食品を積極的に摂ろう」という目的で作られているため、ヴィーガンフードほど厳格な菜食ではないことを覚えておきましょう。

(参照:https://www.caa.go.jp/notice/other/plant_based/assets/representation_cms201_210820_01.pdf)

プラントベースフードに含まれる食材をチェックしてみよう!

ここからは人気のプラントベースフードに含まれる食材をチェックしていきましょう!

<大豆ミートの餃子>

大豆ミートの餃子は植物性由来の原料のみで作られています。お肉の代わりに大豆たんぱくを使用しているため、脂質を抑えながらたんぱく質をしっかり摂れます。

キャベツ、にんにく、ニラ、生姜など植物性食品の野菜もたっぷり摂れるのも魅力です。ヴィーガン対応なので、中華料理を食べたい完全菜食主義の人におすすめです。

<植物性チーズのピザ>

植物性チーズのピザは乳製品や動物性食品を一切使わずに作られたプラントベースのピザです。植物性油脂とひよこ豆粉、ココナッツなどを原料とした植物性チーズは、濃厚な味わいが楽しめます。

チーズのみ単品で売られているものもあり、ピザだけでなくグラタンやトースト、ラザニアにかけて使うのにも便利です。乳製品をあきらめていた人も、安心して食べることができますよ。

あわせて読みたい: プラントベースフードの乳製品とは?種類や原料を見てみよう

<プラントベースのパスタソース>

プラントベースのパスタソースにはトマト系、ミートソース、ホワイトソースなどさまざまな種類があります。

トマト系の中には大豆ミートを使った肉団子や、ミートソースの中にはひき肉タイプの大豆ミートが使われています。

ホワイトソースは乳製品を使わずに豆乳などの植物性ミルクを使用しているため、動物性食品不使用です。植物性由来のみでも濃厚なクリームパスタがヘルシーに楽しめるのは嬉しいですね。

<プラントベースエッグのオムライス>

プラントベースフードではなんとオムライスも発売されています。プラントベースエッグは、にんじんや白いんげん豆などの植物由来の原料のみを使用しています。

ふわふわとろとろで見た目も本物そっくりなオムライスで満足感が得られます。本物の卵と違い、コレステロールゼロなのが嬉しいポイントです。

プラントベースエッグを使えばオムライスだけでなく親子丼やスクランブルエッグ、カレーのトッピングとしてもアレンジできますよ。

<大豆ミートのソーセージ>

大豆ミートのソーセージは大豆を主原料とし、小麦やでんぷんなどを加え、肉を一切使用せずに作られています。見た目も本物のソーセージそっくりで、ホットドッグにもぴったりです。

一点、注意しなければならないのが、商品により卵と乳たんぱくを使用していることです。原材料に卵白と乳が含まれるため、ヴィーガン対応ではありません

しかし、一般的なポークウインナーに比べて低脂質で低カロリーなため、健康志向の人やダイエット中にもおすすめです。

<大豆ミートのナゲット>

大豆ミートを原料として作られたプラントベースのナゲットです。本物のチキンのような繊維を再現し、なめらかな食感を実現しています。

こちらも商品によってはつなぎに卵白を使用しているため、ヴィーガン対応ではありません。しかし、一般的なチキンナゲットに比べて低カロリーなのがポイント。

電子レンジやトースターのみの時短調理ができるのも良いところです。お子さんのおやつやおつまみにも最適ですね。

あわせて読みたい: プラントベースフードの重要性と課題

プラントベースフードに限らず食材をチェックする習慣を身に着けよう!

プラントベースフードは基本的に植物性由来の原料で作られていますが、一部動物性食品が含まれているものがあるため、ヴィーガンやベジタリアンの人だけでなくアレルギーがある人は注意が必要です。

パッケージの表には「プラントベースフード」「植物由来」と表示されていても、小さく「卵、乳使用」と書いてあることがあるため、原材料表示をよく確認するようにしましょう

ネットで注文する際にも、隅々までよく読むことをおすすめします。プラントベースフードを選ぶ時に限らず、表示を見てどんな食材が含まれているかをチェックしてから選ぶ習慣を身に着けていきましょう!

あわせて読みたい: 地球を救う?!プラントベースフードが環境問題の解決策に

Organic Life - オーガニックに関する記事一覧

BLOG一覧に戻る