ピラティスって何?ダイエットに効果抜群なワケ

ダイエットに効果的であるとして注目されるピラティス。今回はピラティスとはどんなものなのか、成り立ちと合わせてご紹介しながら、ダイエット効果が高いといわれるワケを探ります。

目次

ピラティスって何をするの?

ピラティスはマットの上もしくは専用の器具を使って全身のインナーマッスル(体の深い部分にある筋肉)に働きかけ、体幹を強化するエクササイズのこと。呼吸はピラティス呼吸(胸式呼吸)で行うことで交感神経を活発化させ、心と体を活性化させる効果も期待できます。

あわせて読みたい: 肌に良い食べ物って?美肌食材で目指せ過去最高肌!

ピラティスの成り立ち

現在ではトレーニングの一つとしてプロのアスリートにも支持されているピラティスですが、元々はリハビリのために生まれたエクササイズだったそう。

今から100年ほど前、ドイツ人のジョセフ・ハベルタス・ピラティス氏によってピラティスは誕生しました。

幼少期に病弱だったピラティス氏は、アスリートであった父親の影響を受け、あらゆるトレーニングに取り組んだとか。熱心に鍛えた結果14歳になる頃には病気を克服し、解剖学書のモデルをするほどに。彼は後にイギリスで捕虜になった際に、仲間の兵士に寝たままでも出来る器具を使った体力回復のエクササイズを考案しました。これがピラティスの原点となっています。

その後渡米し、彼がニューヨークに開設したピラティススタジオには、バレエダンサーやアスリート達が多く訪れ、怪我や不調から回復していきました。このことが話題となり、一般の人々にも広がっていったといわれています。ピラティス氏が経験に基づいて独自で研究を重ねたメソッドは、体の不調を整えるエクササイズという意味合いが強かったことがわかりますね。

ピラティスのダイエット効果は?

では、ピラティスのダイエット効果はどうなのでしょうか。ピラティスはインナーマッスルを鍛えます。インナーマッスルを鍛えると姿勢や骨格が整い、基礎代謝が上がります。すると普段の消費カロリーも大きくなり、ダイエット効果につながるのです。また、姿勢と骨格が整うと血流も良くなるため、むくみの解消も期待できます。

そして特定の部位にアプローチするエクササイズを取り入れると、各部位の筋肉を鍛え、部分痩せを目指すこともできるのです。さらに、ピラティスのトレーニングを通じて呼吸を意識すると自律神経が整い、ストレスで食べ過ぎてしまうことを防ぐ効果も。

ピラティスは体を鍛え整えることで、ダイエットに成功しやすい体作りが出来るエクササイズであるといえます。ダイエットに効果抜群のワケがわかりましたね。

ピラティスは1回やっただけで効果が出るものではありません。まずは週1回から習慣化するのがおすすめです。継続することで体は必ず変わります。ピラティスでダイエット成功体質を目指してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい: 喉にも環境にもやさしい!エコな乾燥対策をしよう

Exercise Life - 食と運動に関する記事一覧

BLOG一覧に戻る