• Green Growers
  • BLOG
  • プラントベースバーガーは種類豊富!パティや具材をチェック

BLOG -Healthy Life

プラントベースバーガーは種類豊富!パティや具材をチェック

Monday, 08 January 2024

ファストフード店やカフェなどの飲食店で見かけるようになってきたプラントベースバーガー。一般的なハンバーガーに使われるビーフパティを使用せず、植物由来のパティを使うことから、環境に優しいハンバーガーともいわれています。

実はプラントベースバーガーとひと口にいっても、種類豊富な味わいが楽しめるのをご存知でしたか?

今回はプラントベースバーガーにはどんな種類があるのか、パティや具材をチェックしていきましょう!

プラントベースバーガーと通常のハンバーガーの違い

プラントベースバーガーと通常のハンバーガーの違いは、パティにあります。パティとはひき肉をこねて円状に丸めて平たく焼いたものです。通常のハンバーガーでは基本的に牛肉が使われていますが、プラントベースバーガーの場合は植物由来の代替肉を使います。

また、一般的なバーガーにはチキンバーガーやカツバーガー、フィッシュバーガーといった種類がありますが、パンに挟むメインの具材は牛肉以外の動物性食品も一切使用しないのがプラントベースバーガーの特徴です。

ただし、「プラントベースバーガー」と謳われている商品の中には、パティ以外の具材で動物性食品が使われている場合もあります。例えば、チーズやマヨネーズなどが使われるケースが多いでしょう。

動物性食品を一切摂らない食事をするヴィーガンの人は、パティ以外の具材も植物由来であるかどうかチェックすることをおすすめします。

プラントベースバーガーにはどんな種類がある? 

プラントベースバーガーは植物由来のパティを活かしながら、具材やソースなどにもこだわって作られているものが多く、味わいもさまざまです。

ここからはプラントベースバーガーにはどんな種類があるのか、パティや具材をチェックしていきましょう!

えんどう豆が原料のパティを使用したジューシーなバーガー


えんどう豆を主原料とし、ココナッツオイルやじゃがいものでんぷんなどを活かして作られたプラントベースミートを使用したハンバーガーです。分厚いプラントベースミートで、本物の肉汁のようなジューシーな味わいが楽しめます。

また、ビートジュースやりんごエキスなどを使用しているため、肉に近い色合いを再現しているところもポイント。ジューシーなハンバーガーを求める人におすすめです。

(参照:beyondmeat)
(参照:BEYONDBURGER)

大豆ミートを使用した厚切りのハムカツバーガー


大豆ミートを厚切りのハムカツ風に仕上げ、大きめのバンズに挟んだボリューム満点のプラントベースバーガーです。揚げたてはサクサクの食感が味わえるのがポイント。

キャベツをたっぷり挟んでいるため、野菜がしっかりとれるのも良い点です。からしマヨネーズを入れるとピリ辛になり、お酒にも合うバーガーになります。

鶏そぼろのような食感が楽しめる大豆ミートのバーガー


ココナッツオイルを含んだ大豆ミートで、鶏そぼろのような食感のパティを挟んだプラントベースバーガーです。やわらかめのパティと優しい味わいで、子どもも食べやすいのが魅力。

アボカドを半分贅沢に使い、刻んだ野菜をたっぷりと挟んでいるため、栄養バランスも抜群のプラントベースバーガーです。

大豆ミートにアボカドと植物由来のソースを組み合わせたヘルシーバーガー

 
大豆ミートのパティにトマトやアボカドを乗せ、日本の伝統調味料を使った植物由来のソースを組み合わせた、こだわりのプラントベースバーガーです。

ボリュームのあるパティと厚めにカットした野菜が満足度を上げてくれます。ヘルシーでありながらお腹も心も満たされる、そんな逸品です。

大豆ミートのパティときんぴらを挟んだ和風バーガー


大豆ミートのパティの上にごぼう・にんじん・レンコンの入ったきんぴらを乗せ、全粒粉入りのバンズで挟んだ和風のプラントベースバーガーです。

ジューシーな大豆ミートのパティに根菜の食感がアクセントになり、食べ応え抜群。ソースも和風テイストできんぴらともマッチし、全体のおいしさを引き立てています。和風バーガーが好きな人におすすめです。

100%プラントベースバーガーを食べたいなら手作りがおすすめ!

飲食店で提供されているプラントベースバーガーは100%植物由来のものもあれば、肉が不使用なだけで具材やソースで動物由来の食材を使っている場合があります。そのため、100%プラントベースバーガーを求めるなら手作りするのがおすすめです。

植物由来のマヨネーズプラントベースチーズを使えば、味の幅も広がります。また、バンズにもこだわって米粉などを使ったグルテンフリーのパンを選ぶのも良いでしょう。

動物性食品を一切使用しない100%プラントベースバーガーなら、ヴィーガンの人でも安心して食べられます。さらに、植物性食品のみを使うため、より環境負荷を抑えられる点もメリットです。

手作りする場合には、えんどう豆を主原料とした代替肉の「BEYONDBEEF(ビヨンド・ビーフ)」がおすすめです。解凍したら丸めて平らに成形し、焼くだけで簡単にプラントベースバーガーのパティが作れます。本物の肉汁のようなジューシーな味わいも人気の理由です。

BEYONDBEEFはスーパーのマルエツ・カスミ・マックスバリュなどでも取り扱いを行っているのでぜひチェックしてみてくださいね。

・BEYONDBEEF
・BEYONDBEEFの取り扱い店舗はこちら

具材をアレンジしていろいろな味わいのプラントベースバーガーを食べてみよう!

プラントベースバーガーはパティに肉を使用せず、大豆ミートやえんどう豆などを原料とした代替肉を使って作られているのが特徴です。具材やソースのアレンジ次第で、いろいろな味わいが楽しめます。

100%植物由来を求めるなら手作りがおすすめです。ぜひ一度プラントベースバーガーを手作りして食べてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい: 培養肉はどうなる?日本の研究状況と実用化に向けた世界の動き

Share

  • Facebook
  • Twitter
  • whatsapp
  • URLをコピー

BLOGのおすすめ記事

CLOSE

greengrowers

URLをコピーしました