エシカル・ヴィーガンとは?考え方や動物搾取について解説

動物性食品を摂らない食生活をとり、「完全菜食主義」と訳されるヴィーガン。実はヴィーガンにもいくつか種類があり、その中に「エシカル・ヴィーガン」と呼ばれるライフスタイルがあります。

今回は、ヴィーガンの種類を紹介した上で、エシカル・ヴィーガンに焦点を当て、実践する動機や考え方、動物搾取について解説します。

目次

動機からみた3種類のヴィーガン

ヴィーガンとは、ベジタリアン同様に肉類や魚介類を食べないことに加え、乳製品や卵、はちみつなどの動物性食品を一切口にしない食生活を指します。

日本でヴィーガンと聞くと、ダイエットや健康のために実践するもの、というイメージが強いかもしれません。

しかし、ヴィーガンの本来の定義は、食にとどまらず、地球環境の保全や動物愛護の精神が軸になっています。そのため、個人によってヴィーガンを実践する動機もさまざまです。

では、動機で分類されるヴィーガン3種類を見てみましょう。

・ダイエタリー・ヴィーガン
健康を重視するタイプのヴィーガン。「肉類は体に良くない」という考え方を持ち、基本的に食事のみヴィーガンを取り入れます。動物性製品を使用することには、特にこだわりを持たない傾向です。

・エンバイロメンタル・ヴィーガン
環境保全を重視するタイプのヴィーガン。「畜産は環境に悪い」という考えから、ヴィーガンを実践しています。畜産は森林破壊や温室効果ガスの排出量が多いなど、環境負荷が大きいことから、肉の消費を減らしたいという思いで取り組む人が多い傾向です。

・エシカル・ヴィーガン
動物愛護を重視するタイプのヴィーガン。動物の命を守ることに重きを置いているため、動物性食品だけでなく、衣服や日用品においても動物由来の製品を避けます。ヴィーガンの中でも、最も厳格にヴィーガニズムを貫いているといえるでしょう。

あわせて読みたい: お酢の健康効果はすごい!?効果的な摂り方と注意点

エシカル・ヴィーガンの考え方

ここからはエシカル・ヴィーガンに焦点を当てて解説します。

エシカル・ヴィーガンが貫くヴィ―ガニズムとは、「人間が動物から搾取することなく生きるべき」という思想のことです。エシカル・ヴィーガンは、その思いが強く、可能な限り動物搾取を避けたいという考えから、食はもちろん毛皮やウール、レザーやダウンなどの動物由来の製品を使用しません。

また、動物実験にも反対という考えを持つため、シャンプーや化粧品なども動物実験がされていない、植物由来のものを使う傾向にあります。

あわせて読みたい: 代替肉にはメリットがいっぱい!?デメリットもチェックしよう

動物搾取の実態

エシカル・ヴィーガンの考え方を聞くと、少々行き過ぎたように感じるかもしれません。しかし、エシカル・ヴィーガンを選択する背景には、大きな理由があります。それは、人間の都合で被害を受ける動物たちの痛ましい姿があるということです。

ここでは、動物搾取の実態として、残酷な扱いを受ける動物たちの例を2つ紹介します。

<日用品の安全性を確認するための動物実験>

世界では、動物実験によって年間で推定1億1530万頭もの動物の命が失われているといいます。

例えば、化粧品の皮膚刺激性試験に使われるウサギは毛を剃られ、試験物質を塗布されます。皮膚の刺激や腐食の状態を観察され、傷を負わされることもあるのです。また、ウサギの目を使い、シャンプーが目に入った時の刺激をチェックする試験もあります。

そして、このように実験で使われた動物は、試験後に殺処分されてしまうのです

<フォアグラのために強制給餌をされる、ガチョウやアヒル>

フォアグラはガチョウやアヒルの肝臓を肥大させたものです。しかし、肥大させるために、喉に太いパイプを突っ込み、無理やり餌を流し込む方法で強制給餌を行っているのです。

近年では、動物福祉の観点からEU諸国やオランダ、アメリカなどで、フォアグラの生産や販売、使用を禁止する動きが見られています。

あわせて読みたい: ヴィーガンって体に良い?健康効果と注意点を知っておこう!

動物実験されていないか、どのように調達されたのかを意識しよう

ヴィーガンの中でも、厳格なヴィーガニズムを貫く「エシカル・ヴィーガン」の考え方や動物搾取の実態をお伝えしました。動物実験など、人間の都合で苦しめられ、命を落としている動物たちがいる事実を、私たちは受け止めなければなりません。

日本の化粧品メーカーの中でも、動物実験をゼロにすると表明しているところも増えつつありますが、禁止にはなっていないのが現状です。

完全なエシカル・ヴィーガンにはなれなくても、動物実験されていないかどうか、またどのように調達されたのかを意識して、商品を選ぶことはできるでしょう。

ぜひこの機会に、動物の命を守るために自分に何ができるかを、考えてみませんか。

あわせて読みたい: ヴィーガンとベジタリアンの違い|あなたはどう取り入れる?

参考

https://www.ethicalvegan.jp/vegetarianism/
https://diamond.jp/articles/-/214088
https://mainichi.jp/articles/20191031/k00/00m/030/090000c

Healthy Life - 食と健康に関する記事一覧

BLOG一覧に戻る