• Green Growers
  • BLOG
  • サステナブルジュエリーとは?ダイヤモンド採掘の裏にある人権問題

BLOG -Sustainable Life

サステナブルジュエリーとは?ダイヤモンド採掘の裏にある人権問題

Friday, 21 April 2023

持続可能な社会を目指し、さまざまな分野でサステナブルな取り組みが行われていますが、ジュエリー業界もそのひとつ。

環境負荷が少なく、人や社会にも配慮したサステナブルなジュエリーの販売などを行っていますが、その背景にはダイヤモンド採掘に伴う人権問題や紛争問題があります。

今回はサステナブルジュエリーとは何か、またダイヤモンド採掘で起きている問題やサステナブルジュエリーの種類もあわせて解説します!

サステナブルジュエリーとは?

サステナブルジュエリーとは、持続可能な方法で製造、販売されるジュエリーのことです。例えば、環境負荷の少ない方法で採掘しているか、紛争の資金源とならないものであるかなども重要視されます。

また、厳密には金やプラチナなどの貴金属をはじめ、天然宝石を使用したものを「ジュエリー」と呼びますが、サステナブルジュエリーでは海洋プラスチックなど、資源をリサイクルしてつくられたものも含みます。

(参照:サステナブルジュエリーという選択。地球に優しいブランドを厳選)

ダイヤモンド採掘で生じる環境負荷と人権問題

そもそも、なぜサステナブルジュエリーがつくられるようになったのでしょうか。それは、ジュエリーの製造や販売が、持続可能性に反するものだったからです。中でも重大な問題となっているのが、ダイヤモンドの採掘や採取、製造過程での環境負荷と人権問題です。

実はダイヤモンドなどの貴金属の採掘・採取には、大量のダイナマイトを使用し、大量のCO2を排出するほか、大量の水を消費します。

また、過酷な労働環境で働かされ死者が出たり、児童労働を強いられる子どもたちがいるのが現実です。

人権を守ることを目的としたアメリカのNGO団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」が2009年に発表した報告書では、ジンバブエのマランゲダイヤモンド鉱山にて、ダイヤモンドの違法採掘と密輸を止めるために派遣されたはずのジンバブエ国軍が、違法採掘と密輸で利益を得ていたことがわかりました。

それだけに留まらず、住民たちに無報酬で採掘させ、反抗する住民には暴力を振るい、児童労働なども行っていたのです。

加えて、紛争地域においてダイヤモンドが武器売買の資金源にされるなどの問題も発生しています。こうした問題の解決策として、サステナブルジュエリーがつくられるようになったのです。

(参照:あなた持ってるそのダイヤ、輝きは本物?)
(参照:アフリカ地域:紛争ダイヤモンドはまだ消えない)
(参照:「血塗られたダイヤモンド」の実態 明らかに)

サステナブルジュエリーにはどんな種類がある?

サステナブルジュエリーは人や環境に配慮された素材や、製造方法でつくられているのが特徴です。どんな種類があるのか見ていきましょう。

「モアサナイト」という合成宝石でつくられたもの

児童労働や紛争資源に関わらない、モアサナイトという合成宝石でつくられたサステナブルジュエリーです。

モアサナイトは隕石から発見された炭化ケイ素で、ダイヤモンドと同じ炭素を含んでいます。ダイヤモンドの約2.5倍もの光を分散する力があり、輝きと耐久性に優れているのが特徴です。合成化に成功し、安定した製造ができて価格が良心的なところも魅力です。

天然石をアップサイクルしたもの

もともとジュエリーだった天然石をアップサイクルして、再びサステナブルジュエリーとして蘇らせたものです。指輪やネックレスに限らず、ピアスやイヤリング、ブレスレットなどもあります。

資源をアップサイクルしているため、採掘による環境破壊や労働問題を引き起こすこともありません。

リサイクルシルバーを使用したもの

貴金属含有スクラップから精製されたシルバーを利用したサステナブルジュエリーです。
歯科治療用金属やパソコン、スマートフォンなどで使用されている貴金属を含むごみから銀を回収し、リサイクルシルバーとしてジュエリーに使用します。

1点1点手作りで、シンプルでスタイリッシュなデザインが魅力です。どんな服装にも合わせやすいのも良いところです。

回収した海洋プラスチックや廃棄花から生まれたジュエリー

海に流れたプラスチックごみや廃棄予定の花を原料にした、サステナブルジュエリーです。海洋プラスチックごみとは思えないほどの美しい色合いや、花そのものの鮮やかさで唯一無二のジュエリーに仕上がっています。

クリエイティブユニットと障害を持つ人たちによって制作され、売上げの一部は環境保全団体に寄付するなどの仕組みもサステナブルです。

サステナブルジュエリーの選択が問題解決の一手になる

普段何気なく身に着けているジュエリーは、どのように採掘され、製造されたものなのか、考えたことがなかったという人も多いかもしれません。

これからジュエリーを選択する際には、サステナブルな視点で選んでみることをおすすめします。人権問題や紛争に関与せずにつくられたものかどうか、自身で調べたりお店の人に聞いてみたりするのも良いでしょう。

今回紹介したサステナブルジュエリーのような、環境や人、社会に配慮されたものを選ぶことで、問題解決の一手になります。

大切な人へのプレゼントや、自分へのご褒美にもぜひサステナブルジュエリーを選択してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい: サステナブルな家具とは?特徴や家具業界が抱える問題を解説

Share

  • Facebook
  • Twitter
  • whatsapp
  • URLをコピー

BLOGのおすすめ記事

CLOSE

greengrowers

URLをコピーしました